すっきり贅沢抹茶の口コミと成分調査

すっきり贅沢抹茶の成分は安心できるのか?妊娠中の便秘に効果はあるのか?

口コミと成分から購入前調査

すっきり贅沢抹茶は妊婦さんにオススメ

すっきり贅沢抹茶の特徴

こんな悩みありませんか?

☑冷えやむくみが酷い

☑お腹がすっきりしない

☑薬には頼りたくない

☑手軽に葉酸を摂取したい

☑ノンカフェインの飲み物を探している

女性は男性に比べて便秘になりやすいといわれますが、妊娠すると今までは悩まされたことのなかった人でも便秘になることがあります。

妊娠すると体内のホルモンバランスが変化します。その1つが女性ホルモンの「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の増加です。

プロゲステロンは妊娠状態を維持する作用がありますが、体が栄養を蓄えようとするために体全体の代謝が低くなります。
摂取した栄養を逃がさないようにするために、胃や腸などの筋肉を緩めて腸のぜん動運動を鈍くさせ、便秘を引き起こしてしまいます。

その他にも、つわりがひどいと食欲がわかなくなり、食べられるものだけ食べるという偏りが生まれます。その結果、排便をスムーズにしてくれる食物繊維や水分が不足して便が硬くなり、便秘になります。また赤ちゃんの成長とともに子宮が大きくなると、胃や腸などの消化器官を圧迫が強くなるため、妊娠週数が進むに連れて便秘がひどくなるケースが多いようです。

なぜすっきり贅沢抹茶が良いの?

すっきり贅沢抹茶は創業70余年の九州老舗のお茶屋さんが作った、ママのための自然にすっきり・どっさりをサポートしてくれる抹茶です。市販の下剤などとは違い、自然の素材がメインなので、妊婦さんや授乳中の女性も安心して飲むことができます。また便秘に効果的と言われている食物繊維や善玉菌やオリゴ糖、更に妊婦さんのための必要な葉酸や鉄分など野菜に含まれる栄養素もこの1杯でしっかりと摂ることが出来るため、毎日のすっきりを実感することができます。

すっきり贅沢抹茶で期待できる効果

便秘改善

すっきり贅沢抹茶には便秘に良いと言われている乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維の3つの成分が相互に協力しあうことで腸内環境を整え、毎日のすっきりをサポートしてくれます。

貧血予防

妊娠すると貧血になりやすく、後期になるほど悪化する傾向があります。本来はママの体に供給される鉄分が、優先的に赤ちゃんへと届けられるので、ママ自身の鉄分が不足して貧血になりやすくなります。重度の貧血になると、動悸や息切れ、頭痛、めまいなどが現れてしまうため、妊娠中は積極的に鉄分を摂取する必要があります。すっきり贅沢抹茶には葉酸をたっぷり含み、鉄分が豊富なほうれん草末を配合しているため、貧血予防のためにも効果的です。

すっきり贅沢抹茶の安全性

完全無添加

無香料、無着色、無保存料なので、妊娠中の女性に安心です。もちろん、妊娠していない女性の体にもやさしく、小さなお子さんからお年寄りまで飲むことができます。ノンカフェインなのでカフェインを気にしている方にもお勧めです。

下剤成分不使用

市販の便秘用のお茶には、キャンドルブッシュやアロエベラといった下剤成分が入っているものが多くあります。そのような成分が入っているお茶は、妊娠中や子供は避けてくださいと注意書きがだいたい書いてありますが、見落とししてしまうこともあります。すっきり贅沢抹茶には、下剤成分が一切入ってないので、副作用を気にせずに安心して飲むことができます。

無農薬栽培へのこだわり

すっきり贅沢抹茶の青汁の素にもなっている桑の葉は、自社農園で徹底管理のもと、無農薬栽培で桑の葉を生産しています。土づくりから始まり、手間ひまかけて大切に育てた、自信の桑の葉を使用しています。

すっきり贅沢抹茶の成分

便秘に良い成分がいっぺんに摂れる

乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維は3つとも便秘に良いと言われていますが、どれか1種類だけを取るよりも、2~3種類摂ることで相乗効果でより効果が高くなります。すっきり贅沢抹茶は3つとも入っているので、3つの成分が相互に協力しあって、よりスッキリ感を目指せる配合になっています。

乳酸菌

腸内環境を整え、毎日のスッキリをサポートしてくれる乳酸菌。 その乳酸菌中でも、特に胃酸や熱に強い「有胞子性乳酸菌」と生きたまま腸に届く「ビフィズス菌BB536」を採用しています。 体の中からきれいにスッキリを応援してくれます。

オリゴ糖

オリゴ糖は善玉菌のエサとなり体の環境を整えてくれる成分として大学や研究機関で注目されている成分です。体の中をきれいに保ってくれることで栄養分の吸収を助け、健康な体づくりとスッキリをサポートします。すっきり贅沢抹茶には、母乳にも含まれている栄養価たっぷりの「ガラクトオリゴ糖」を使用しています。

食物繊維

インドで古くから親しまれている「グア豆由来成分」を使用しています。インドでは古くから「体によい食べ物」として親しまれてきた植物です。グア豆由来の水溶性食物繊維は、他の食物繊維と違いお腹が緩くなる心配がなく、水分保持力に優れているため、老廃物を体外へ出しやすくしてくれます。また、身体にとって大事なミネラル類の吸収を促進してくれます。

妊婦さんに必要な成分も摂れる

妊婦さんには必要な成分と言われている、葉酸・鉄分・カルシウム。食べ物からはなかなか十分に取ることは難しいため、サプリメントから摂取している方も多くいらっしゃると思います。すっきり贅沢抹茶にはそんな妊婦さんのための成分をぎゅっと配合しています。

カルシウム

妊娠時は、胎児の骨や歯を作るためにより多くのカルシウムが必要になります。不足すると母体の骨や歯に蓄積されたカルシウムがどんどん溶け出して胎児へと運ばれます。その結果、母体の骨密度は低下し、イライラしやすく、肩こりや腰痛を起こしやすいだけでなく、血液の状態や血行にも影響を起こすことから高血圧になりやすいといった心配もあります。すっきり贅沢抹茶の青汁の素になっている「桑の葉」は、ケールの約10倍ものカルシウムを含み、食物繊維や葉酸など妊婦中に必要とされる栄養素をしっかりと摂取することができます。

鉄・葉酸

赤ちゃんを健康リスクから守ってくれる葉酸は妊娠中のママにとってとても大事な栄養素です。すっきり贅沢抹茶には、葉酸をたっぷり含み、鉄分が豊富な緑黄色野菜の王様である「ほうれん草末」を使用しています。何かとクラっとしがちなママのこともサポートしてくれます。

すっきり贅沢抹茶の飲み方

飲み方は?

付属のティースプーン山盛り2杯(約10グラム)を約180cc位のお湯、または水で溶かすだけです。専用のスプーンがついているのが嬉しいですね。お湯は乳酸菌の働きが良い50度くらいのぬるま湯が良いそうですが、冷たいお水でも美味しく飲むことができます。1日の目安量は1~3杯です。

どんな味?

コクがある抹茶の味です。粉末なので、自分の好みに合わせて量を調節することで、薄めでスッキリと飲んだり、コクをもっと出して飲むこともできます。また、オリゴ糖を配合していますので、ほんのり甘みもあります。

アレンジメニューは?

お湯やお水で割る他にも牛乳や豆乳で割ったりアレンジしやすくなっています。豆腐をつかったヘルシーなおやつとして、豆腐抹茶入りチーズケーキやココアをまぜたケーキも紹介されています。ドリンクに飽きてしまってもお菓子作りにつかえば、飽きずに続けることができます。

すっきり贅沢抹茶の最安値情報と特典

すっきり贅沢抹茶の口コミ・評判は↓



カイテキオリゴが妊婦さんにオススメできる理由

カイテキオリゴは日本一売れている妊婦さん用便秘商品です。がその成分が安心できるものかを調べました。
成分や安全性をまとめます。

カイテキオリゴは

カイテキオリゴは日本一売れている妊婦さん用便秘商品です。がその成分が安心できるものかを調べました。
成分や安全性をまとめます。

カイテキオリゴは妊婦さんの便秘に効くのか?

カイテキオリゴの人気

 

ネット通販限定にもかかわらず日本一売れているオリゴ糖食品といわれている「カイテキオリゴ」は、ネットとクチコミだけで全国に愛用者が30万人を超え、モンドセレクション最高金賞を5年連続受賞しています。

もともとカニやメロン、チーズケーキなどの北海道のグルメ特産品を販売する会社でしたが、北海道産のてん菜から天然抽出したオリゴ糖を健康食品素材として商品化しないかという話をもちかけられたのがきっかけで「カイテキオリゴ」が開発されたそうです。届いたオリゴ糖の原料サンプルを便秘気味のスタッフが持ち帰り試したところ、大変好評だったため、「お客様の中にも同じようにスッキリ体験したい方もいるかもしれない・・」と考え、製品化しました。

購入した方からスタッフの想像を超えた喜びの声が殺到し、一度購入した人のクチコミがきっかけとなり、ネットやクチコミを通じてどんどん広まっていき、信頼と実績で「日本で一番売れているオリゴ糖」になりました。

カイテキオリゴで期待できる効果

☑コロコロ、カチカチ

☑お腹がすっきりしない

☑スルッと毎朝快適になりたい

☑トイレの臭いが気になる

☑お腹の健康が気になる

便秘にも様々な種類があり、その原因や症状は多種多様です。食物繊維不足や運動不足、ストレスから引き起こされる便秘もありますが、一般的に考えられる原因は「腸内環境の悪化」です。日本人は味噌・酒粕などの生きた酵母菌を生活の中で利用することで、健康な体を維持してきました。腸の中での酵母菌は、ビフィズス菌や乳酸菌を増やす働きがありますが、最近では添加物の多い加工食品や脂肪・糖質など消化の悪いタンパク質の摂取が多くなり、食生活の変化によって腸内環境が悪くなり、便秘気味の人が増加傾向にあります。

腸の調子が良い状態とは、腸内の善玉菌である乳酸菌、ビフィズス菌が活性化されている状態を言います。 カイテキオリゴは、飲み物や料理に混ぜたり、手軽に日常習慣の中で高純度・高品質のオリゴ糖を摂取することで、腸内に棲んでいる善玉菌であるビフィズス菌、乳酸菌のエサになり、 その結果として善玉菌が増え、お腹の調子が快適になるのです。

カイテキオリゴの安全性

自然由来の成分

 

カイテキオリゴは、独自の「EOS理論」に基づき、北海道のてん菜(別名:サトウダイコン・ビート)や牛乳といった、全て自然由来の素材から抽出した高純度・高品質なナチュラルオリゴ糖食品です。 赤ちゃん、妊婦さん、高齢の方、全ての方に安心して摂取することができます。

◇EOS理論とは◇
Enterobacteria OligoSaccharide Synergyのこと。 「複数のオリゴ糖を組み合わせることで実感度をパワーアップさせ、単一成分のオリゴ糖以上に実感を生み出せる仕組み」で、EOS理論は北の快適工房独自の研究によって発明された理論です。

NPO法人日本サプリメント評議会承認

カイテキオリゴは、NPO法人日本サプリメント評議会により、安心・安全評価製品として承認されており、第3者検査機関で放射性物質含有量の検査を受け基準値にもクリアしています。

野口医学研究所の品質推奨品として認定

カイテキオリゴは、医者や医学研究所もオススメしている商品です。

野口医学研究所は、日本が生んだ世界的医学者 野口英世博士の業績を記念し、日米医学交流の促進を目的に、1985年5月アメリカ政府の認可を受け、フィラデルフィアに設立された米国財団法人です。北の快適工房の長年にわたる腸内環境研究のもとでうまれたカイテキオリゴは野口医学研究所の倫理審査委員会が定める厳格な基準を超えて、消費者の健康保持・増進に貢献する品質推奨品として認定されています。

カイテキオリゴのオリゴ糖

他のオリゴ糖と何が違うの?

 

一般的に、腸の調子が良い状態とは、腸内の善玉菌である乳酸菌、ビフィズス菌が活性化されている状態を言います。 この調子を保つために乳酸菌、ビフィズス菌の含まれた食品を摂取することが一番良いのですが、腸に届くまでに胃酸や胆汁によって大半が死滅したり、腸に住みつかない場合がほとんどです。そのため外部から摂取するのではなく、元々腸内に棲んでいる乳酸菌、ビフィズス菌を活性化することが、一番効果的といえます。カイテキオリゴに含まれている高純度のオリゴ糖は、ヒトの消化管内に吸収されることなく大腸に到達し、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌のエサになります。善玉菌が増えることで、腸内が善玉菌優位の状態になり、お腹の調子が快適になるのです。

またヒトのお腹の中には、約30種類もの善玉菌であるビフィズス菌がいますが、それぞれ、オリゴ糖によって好みがあります。北の快適工房では、各ビフィズス菌がどのオリゴ糖を好むのかというのを徹底的に調査し、それぞれのビフィズス菌のエサとなり得る最適な難消化性高純度オリゴ糖を選定、独自配合しています。 これにより、ほぼすべてのビフィズス菌や乳酸菌などの腸内善玉菌が効率良く活躍できるので、結果的にスッキリ感を感じることができます。

善玉菌の棲息特徴に注目

善玉菌は種類によって棲息している場所が違います。どんな場所に棲んでいる善玉菌にもしっかりとオリゴ糖が届きやすい様に配合を調整することで、届きにくい場所にもアプローチすることが可能となり、より腸内全体を活発にすることができるようになっています。

スルッと感を実感できる

便が水分を含まず、出口付近で硬い状態のままだとなかなかでてこない・・・と苦しい思いをしてしまいます。また出口付近での量が少ないより、多い方がスルッとでやすくなります。カイテキオリゴは必要な水分を効率よく与える製法にし、「量をかさ増しにする」「柔らかい状態にする」ことでスルッと感を実感できるようになっています。

吸湿しない

 

一般的に粉末のオリゴ糖は「吸湿性が高い」ものが多いため、シロップ状のオリゴ糖が多く売られています。シロップ状にすると純度が低くなってしまうため、北の快適工房では粉末のオリゴ糖にこだわっています。一般的な環境下に置いておくと水分を吸って溶けてすぐに固まり、使用することができない状態になってしまいます。カイテキオリゴは実感度が高い複数オリゴ糖の配合比と固まらない配合比を見つけ、最後のひとさじまでサラサラで使いやすくなっています。

カイテキオリゴの飲み方

 

量に決まりはないようですが、付属の計量スプーン1杯(1日5グラム)を目安に、コーヒーやヨーグルトなどに加えて摂取します。

■飲み物に入れる場合
カイテキオリゴは粉末なので、冷たい・温かいに関わらず、コーヒー、お茶、牛乳、ジュースなど、どんな飲み物でも あっという間に溶けるので摂取しやすくなっています。

■料理に使う場合

カイテキオリゴは熱に強く、変質しません。また、味もほんのりと甘いので、料理の味を変えることもありません。 特にヨーグルトなど、「乳酸菌」を含む食品と相性が良いためオススメです。

■他にも…
グレープフルーツにかけて食べることで、独特の苦味を抑え、甘味を引き立てさらに美味しくなります。

カイテキオリゴの最安値情報と特典

カイテキオリゴの口コミ・評判

妊婦さんの便秘に効くのか?

カイテキオリゴの人気

ネット通販限定にもかかわらず日本一売れているオリゴ糖食品といわれている「カイテキオリゴ」は、ネットとクチコミだけで全国に愛用者が30万人を超え、モンドセレクション最高金賞を5年連続受賞しています。

もともとカニやメロン、チーズケーキなどの北海道のグルメ特産品を販売する会社でしたが、北海道産のてん菜から天然抽出したオリゴ糖を健康食品素材として商品化しないかという話をもちかけられたのがきっかけで「カイテキオリゴ」が開発されたそうです。届いたオリゴ糖の原料サンプルを便秘気味のスタッフが持ち帰り試したところ、大変好評だったため、「お客様の中にも同じようにスッキリ体験したい方もいるかもしれない・・」と考え、製品化しました。

購入した方からスタッフの想像を超えた喜びの声が殺到し、一度購入した人のクチコミがきっかけとなり、ネットやクチコミを通じてどんどん広まっていき、信頼と実績で「日本で一番売れているオリゴ糖」になりました。

カイテキオリゴで期待できる効果

☑コロコロ、カチカチ

☑お腹がすっきりしない

☑スルッと毎朝快適になりたい

☑トイレの臭いが気になる

☑お腹の健康が気になる

便秘にも様々な種類があり、その原因や症状は多種多様です。食物繊維不足や運動不足、ストレスから引き起こされる便秘もありますが、一般的に考えられる原因は「腸内環境の悪化」です。日本人は味噌・酒粕などの生きた酵母菌を生活の中で利用することで、健康な体を維持してきました。腸の中での酵母菌は、ビフィズス菌や乳酸菌を増やす働きがありますが、最近では添加物の多い加工食品や脂肪・糖質など消化の悪いタンパク質の摂取が多くなり、食生活の変化によって腸内環境が悪くなり、便秘気味の人が増加傾向にあります。

腸の調子が良い状態とは、腸内の善玉菌である乳酸菌、ビフィズス菌が活性化されている状態を言います。 カイテキオリゴは、飲み物や料理に混ぜたり、手軽に日常習慣の中で高純度・高品質のオリゴ糖を摂取することで、腸内に棲んでいる善玉菌であるビフィズス菌、乳酸菌のエサになり、 その結果として善玉菌が増え、お腹の調子が快適になるのです。

カイテキオリゴの安全性

自然由来の成分

 

カイテキオリゴは、独自の「EOS理論」に基づき、北海道のてん菜(別名:サトウダイコン・ビート)や牛乳といった、全て自然由来の素材から抽出した高純度・高品質なナチュラルオリゴ糖食品です。 赤ちゃん、妊婦さん、高齢の方、全ての方に安心して摂取することができます。

◇EOS理論とは◇
Enterobacteria OligoSaccharide Synergyのこと。 「複数のオリゴ糖を組み合わせることで実感度をパワーアップさせ、単一成分のオリゴ糖以上に実感を生み出せる仕組み」で、EOS理論は北の快適工房独自の研究によって発明された理論です。

NPO法人日本サプリメント評議会承認

カイテキオリゴは、NPO法人日本サプリメント評議会により、安心・安全評価製品として承認されており、第3者検査機関で放射性物質含有量の検査を受け基準値にもクリアしています。

野口医学研究所の品質推奨品として認定

カイテキオリゴは、医者や医学研究所もオススメしている商品です。

野口医学研究所は、日本が生んだ世界的医学者 野口英世博士の業績を記念し、日米医学交流の促進を目的に、1985年5月アメリカ政府の認可を受け、フィラデルフィアに設立された米国財団法人です。北の快適工房の長年にわたる腸内環境研究のもとでうまれたカイテキオリゴは野口医学研究所の倫理審査委員会が定める厳格な基準を超えて、消費者の健康保持・増進に貢献する品質推奨品として認定されています。

カイテキオリゴのオリゴ糖

他のオリゴ糖と何が違うの?

 

一般的に、腸の調子が良い状態とは、腸内の善玉菌である乳酸菌、ビフィズス菌が活性化されている状態を言います。 この調子を保つために乳酸菌、ビフィズス菌の含まれた食品を摂取することが一番良いのですが、腸に届くまでに胃酸や胆汁によって大半が死滅したり、腸に住みつかない場合がほとんどです。そのため外部から摂取するのではなく、元々腸内に棲んでいる乳酸菌、ビフィズス菌を活性化することが、一番効果的といえます。カイテキオリゴに含まれている高純度のオリゴ糖は、ヒトの消化管内に吸収されることなく大腸に到達し、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌のエサになります。善玉菌が増えることで、腸内が善玉菌優位の状態になり、お腹の調子が快適になるのです。

またヒトのお腹の中には、約30種類もの善玉菌であるビフィズス菌がいますが、それぞれ、オリゴ糖によって好みがあります。北の快適工房では、各ビフィズス菌がどのオリゴ糖を好むのかというのを徹底的に調査し、それぞれのビフィズス菌のエサとなり得る最適な難消化性高純度オリゴ糖を選定、独自配合しています。 これにより、ほぼすべてのビフィズス菌や乳酸菌などの腸内善玉菌が効率良く活躍できるので、結果的にスッキリ感を感じることができます。

善玉菌の棲息特徴に注目

善玉菌は種類によって棲息している場所が違います。どんな場所に棲んでいる善玉菌にもしっかりとオリゴ糖が届きやすい様に配合を調整することで、届きにくい場所にもアプローチすることが可能となり、より腸内全体を活発にすることができるようになっています。

スルッと感を実感できる

便が水分を含まず、出口付近で硬い状態のままだとなかなかでてこない・・・と苦しい思いをしてしまいます。また出口付近での量が少ないより、多い方がスルッとでやすくなります。カイテキオリゴは必要な水分を効率よく与える製法にし、「量をかさ増しにする」「柔らかい状態にする」ことでスルッと感を実感できるようになっています。

吸湿しない

 

一般的に粉末のオリゴ糖は「吸湿性が高い」ものが多いため、シロップ状のオリゴ糖が多く売られています。シロップ状にすると純度が低くなってしまうため、北の快適工房では粉末のオリゴ糖にこだわっています。一般的な環境下に置いておくと水分を吸って溶けてすぐに固まり、使用することができない状態になってしまいます。カイテキオリゴは実感度が高い複数オリゴ糖の配合比と固まらない配合比を見つけ、最後のひとさじまでサラサラで使いやすくなっています。

カイテキオリゴの飲み方

 

量に決まりはないようですが、付属の計量スプーン1杯(1日5グラム)を目安に、コーヒーやヨーグルトなどに加えて摂取します。

■飲み物に入れる場合
カイテキオリゴは粉末なので、冷たい・温かいに関わらず、コーヒー、お茶、牛乳、ジュースなど、どんな飲み物でも あっという間に溶けるので摂取しやすくなっています。

■料理に使う場合

カイテキオリゴは熱に強く、変質しません。また、味もほんのりと甘いので、料理の味を変えることもありません。 特にヨーグルトなど、「乳酸菌」を含む食品と相性が良いためオススメです。

■他にも…
グレープフルーツにかけて食べることで、独特の苦味を抑え、甘味を引き立てさらに美味しくなります。

カイテキオリゴの最安値情報と特典

カイテキオリゴの口コミ・評判

妊婦さんの便秘薬ってダメ?良い?

どうしても便秘が解消されないときはどうしたらいい?

食生活の改善、適度な運動、睡眠時間の確保。
決まった時間に便座に座ることを習慣にして排便のリズムを作ったり、お風呂でゆっくり体を温めたり。
ストレスを上手に発散できるようにして、リラックスも心がけて…。

便秘の解消を目指して日常生活の中でできる様々なことを紹介してきました。
でも、
「自分でできることはいろいろ試してみたのに、どうしても便秘が解消されない!」
そんなふうに途方に暮れている妊婦さんはいないでしょうか?

生活習慣の改善による効果は、ある程度時間をかけなければ現れてこないということも。
焦らず続けてみましょう! と言いたいところですが、今、この瞬間もひどい便秘で苦しんでいる妊婦さんにそんな余裕はないかも…。
「そんなの待っていられない!」と思ってしまうかもしれません。

薬に頼るのは、悪いこととは限りません

どうしても苦しいときは、薬に頼るのもひとつの手段です。
我慢して苦しい思いをしながら妊娠生活を送るよりも、薬によって便秘が改善されて、妊娠生活のストレスが軽減されるなら、それはとてもいいこと。
ストレスは妊婦さんの天敵です!

「妊婦は薬を飲んじゃダメ」「おなかの赤ちゃんによくない」
漠然とそんなふうに思い込んでいる妊婦さんは多いのではないでしょうか。
普段何気なく飲んでいたような薬も、妊娠がわかってからは服用するのが怖くなったという人もいるでしょう。

確かに、市販薬の説明書などには、妊婦は服用を避けるようにという注意書きがあるものも見られます。
妊娠中は飲まないほうが望ましい、そう考えられる薬があるのも事実です。
薬の安易な服用は怖いと考えるのは正しいことです。

おなかの赤ちゃんへの影響。
出産への影響。
心配になるのは当然のこと。
おなかの赤ちゃんのことを思って、妊婦さんは薬を飲むことに慎重になるのでしょう。

元気に産まれて来てくれる日を待ち望んでいるママにとって、赤ちゃんは宝物。
でも、おなかの赤ちゃんを大切に守っているママの体もまた、とても大切なものなのです。

出産の日まで、そしてその後始まる育児に向けて、心身共にできる限り健康でいるのも大切なママの役目。
だけど、ママだって人間ですから、不調になるときだってありますよね。
自分ではどうしようもない身体の不調が薬によって楽になるなら、薬に頼ることは決して悪いこととは限りません。

すべての薬が妊婦さんにとって悪影響というわけではないのです。
調子の悪い状態が長く続いて体力が落ちたり、症状が悪化してしまったりするほうが心配なこと!
我慢しないで薬を飲んで治したほうがいい場合もあります。
ママは赤ちゃんのことを一番に考えるものですが、妊婦さん自身の身体も大切に思ってあげてくださいね。

妊婦さんが飲んでいいのはどんな薬?

では、妊婦さんが飲んでもいい便秘の薬はどんなもので、どこで手に入れたらいいのでしょう。
妊婦さんが飲んでも問題ない薬かどうか、どうやって判断したらいいのでしょう?

ドラッグストアには、名前に聞き覚えがある便秘薬がいろいろと並んでいます。
妊娠前から便秘に悩んでいた人にとっては、なじみ深い銘柄もあるかもしれません。
でも、たとえなじみのある薬でも、今は妊娠中。
おなかの赤ちゃんに影響がないものかどうか、それが知りたい!

「この薬は大丈夫らしい」「私は○○という薬を飲んで問題なかったよ!」
情報はいろいろなところから得ることができます。
実際にスマホやパソコンを使って検索してみても、妊婦さんが服用していたもの、服用しても大丈夫だったものとして、簡単にいくつかの薬の名前が見つかります。

たとえば酸化マグネシウムを主成分とした薬。
マグミット錠という名前をよく見かけるかもしれませんね。
これは、水分量を調節して軟らかい便を作る薬です。

ラキソベロンという名前も目にするでしょうか。
便を軟らかくする作用に加えて、腸の動きを活発にする働きもあるピコスルファートという成分が使われています。

腸の中だけで作用する成分や体内への吸収が少ないという特徴を持った成分のこれらは、これまで妊婦さんにも安心として処方されてきた便秘の薬です。
調べれば、これらの成分を使用した市販薬も見つかるはず。

さて、そう聞いてあなたはどう思ったでしょうか。
酸化マグネシウム、ピコスルファートは安全な成分?
マグミット錠やラキソベロンなら大丈夫?
「みんな飲んでる薬みたいだから、私も飲んでも平気かな」
もしかして、そんなふうに考えたかもしれません。

でも、ちょっと待って。
便秘の症状は、妊婦さんひとりひとりちがいますよね…?
妊婦さん自身の身体の状態も、妊娠週数もさまざまですよね。
その口コミ情報が、あなたと赤ちゃんにとっても必ず当てはまるとは限らないんです!

まずは産婦人科で相談!

どの薬なら飲んでも問題ないのか、判断できるのは不特定多数の口コミでもあなた自身でもないのかもしれません。
あなたと赤ちゃんの状態を一番よくわかってくれている人。
そして妊婦さんとお薬について確かな知識を持っていると考えられる人。
それはやっぱり、今あなたが通院している産婦人科の先生ではないでしょうか。

妊婦さんがつらい便秘に悩んだときは、まず産婦人科の先生に相談してみてほしいと思います。
できれば飲みたくない妊娠中の薬。
それは赤ちゃんのことが心配だから。
産婦人科の先生なら、そんな妊婦さんの気持ちも理解してくれるはず。
その上で、薬が必要な状態かどうか、必要ならどんな薬を飲んだらいいか、確かな知識をもって判断してくれるでしょう。

必ず毎日排便がなくても、慌てて薬を飲まなければいけない状態というわけではない場合もあります。
これまでの排便のリズムや現在の状況について、先生に話してみてください。
相談するだけでも、不安だった気持ちが少し軽くなるなど良い影響があるかもしれませんよ。

自己判断で市販薬を飲んでしまって、後で不安な思いをしたり後悔したりするのを避けるためにも、妊婦さんが薬を服用するときは、これまで診ていただいてきた産婦人科の先生に相談するのが一番です。
薬を飲むのが不安だという気持ちも不安な点も、診察室で話してみてください。
信頼できる先生なら、あなたの不安や質問にきちんとこたえてくださるでしょう。

便秘で病院に行ってもいいの?

もしかしたら、「便秘なんです…」と口にするのが恥ずかしいという妊婦さんもいるかもしれません。
便秘でわざわざ病院に行ったり先生に相談したりしたら、「えっ、便秘くらいで?」と思われそうで言い出せない、そんな人もいるかもしれませんね。

でも、妊婦さんの便秘はめずらしいことではないんです。
妊娠によって便秘を引き起こしやすくなることなど、先生もよくわかっていらっしゃるはず。
あなただけが特別なわけじゃありません、大丈夫!

それに、苦しさのレベルは人それぞれ。
もし、ほかの誰かにとっては「たかが便秘」だとしても、あなたがとても苦しんでいるのなら、「たかが」だなんて言葉で済ませちゃダメです。
心配せずに、いつも診ていただいている産婦人科の先生を頼りましょう。
ひどい便秘はストレスにもなりますし、悪化すれば痔につながる場合も。
決して「たかが便秘」ではありませんよ~。

薬に頼ってもいい、でも頼りっぱなしにならないで

産婦人科で相談し、診察を受けて、あなたのために処方された薬。
薬の服用方法は病院できちんと指導してくださるでしょうから、それにならって適切に服用してくださいね。
この薬でつらい便秘が解消されたとしたら、妊婦さんの身体にも心にもとてもいいことです。

ところで、薬を飲むことで便秘の症状が楽になるなら、これからもずっと薬を飲んでいれば大丈夫かも、なんて思ってしまってはいませんか?
確かに、本人に処方された適切なものであれば、妊婦さんだって薬を飲んで便秘の症状を解消しても問題はありません。
だから安心してこれからも薬に頼っていこう! と考えてしまったとしたら、それはあまりいいこととは言えないかもしれません。

便秘の薬は、どうしてもつらいそのときにあなたを助けてくれるもの。
でも、それはそのとき一時のこと。
少し厳しい言葉を使えば「一時しのぎ」であると覚えていてほしいのです。

薬を飲めば便秘の苦しさが楽になると覚えてしまった妊婦さんが、便秘を解消するための努力を忘れてしまったら。
食生活など日常の習慣を改善しなければ、これからも薬を飲まない限り便秘が続くかもしれません。

例えばさっき紹介した酸化マグネシウムは、長期間にわたる服用で高マグネシウム血症という症状を引き起こす可能性があります。
腎機能の低下した人、またはお年寄りが特に注意しなければならない症状です。
今、若くて健康なあなたも、永遠にそれが約束されているわけではありません。
永遠に飲み続けられるわけではない以上、酸化マグネシウムを使った薬に頼ることがあたりまえになってしまっては良くないのです。

薬がうまく効かないこともないとはいえませんし、やはり、薬に頼らない便秘の解消を目指すのが大切!
食生活の改善など、日常生活の中でできることを続けていきましょう。
薬以外でも、腸内環境を整える効果があるとされるノンカフェイン飲料や健康食品などがあります。
自分に合った無理のない方法で、続けていくことが大切です。

もちろん、病院では飲み続けていても問題がないと考えられる期間と量の薬を処方してくださるはずですから、処方された分は飲んでいても大丈夫。
指示のとおりにきちんと服用してくださいね。

妊婦さんの薬との付き合い方

妊婦さんがどうしても便秘が解消されずに苦しいというときは、まずこれまで診ていただいてきた産婦人科で相談しましょう。
自己判断よりも、信頼できる先生の判断を仰ぐほうが赤ちゃんにとっても妊婦さんにとっても安心です。

診察した上で先生が必要だと判断すれば、妊婦さんでも便秘薬が処方されることはあります。
薬を飲む上で心配な点は先生に質問して、不安を解消できるよう説明してもらってくださいね。
薬は指示を守ってきちんと服用しましょう。

信頼する先生があなたのために処方した薬なら過剰に怖がる必要はないと思いますが、薬と長いお付き合いをすることもありません。
できれば短いお付き合いで済むように、便秘の解消を目指した日常生活の改善も変わらず続けましょう。
薬の作用に頼らずに排便がスムーズに行われるのが何よりです。

妊娠中のオリゴ糖・お茶 売れてる!!人気ランキング 

妊婦さん用便秘商品「オリゴ糖・お茶の人気ランキング」

安全性と葉酸などの妊婦さんが欲しい栄養素が入ったお茶やサプリがあります!

妊婦さん用に作られたお茶が、たくさん開発されています。
嬉しいことです!

しかし、どれを飲めば良いのか悩むほど商品がありますのでポイントにまとめて紹介していきます。

妊娠中の便秘で売れている商品ランキング

1位・【カイテキオリゴ】

便秘の悩みを解消する健康食品のうち、オリゴ糖食品で日本一売れています!

妊婦用便秘商品

カイテキオリゴ・ポイント返金保証あり

天然成分

粉末なので、普段食事に混ぜるだけで良いのが長続きできる要因だと思います。
甘さも砂糖の4分の1程度なので、料理に混ぜることもできます。
カイテキオリゴには、サポート体制もあるので安心して使うことができます。

カイテキオリゴの価格定価での単品価格

税別 2838円 

定期コース

10%~20% Off

税別 2270円~2554円

定期コースは、いつでも解約OK

☆ 一袋 1カ月分の量になります!
定期コースの「お試し定期」が私のオススメです。

他にもオススメポイントがたくさんあります!!

30万人以上の便秘に悩む方が愛用!
おかげさまで売上累計180万個突破!
1分に1個のペースで売れています!
高純度オリゴ糖 食品市場売上 日本第1位(日本能率協会総合研究所調べ)
1日たった84円でスッキリ出来て経済的!
ほぼ純度100%なので赤ちゃんやお子様でも安心して使用出来ます!
ほんのりした甘さで味を壊さないので、飲み物だけでなく料理にも使えます!
商品に自信があるからこそ出来る『全額返金保証』付!
国際品評会モンドセレクションにおいて4年連続最高金賞を受賞!
世界に認められた最高品質の商品!

2位・【するっと抹茶】【するっとカフェ】

口コミだけで愛用者5万人突破!販売実績100万杯!

surutto
するっと抹茶・ポイント乳酸菌に加え、水溶性食物繊維(グア豆由来)が腸内環境を育てます。
便秘・下痢で悩む方に大人気の【するっと抹茶】は、すべての素材が天然由来成分100%
驚異のリピート率80%以上の「便秘茶」です。

するっと抹茶・価格通常価格 税別 2000円

今なら はじめてセット

1800円 送料無料


約10杯分
内容量 100g


するっとの写真
するっとカフェ・ポイントコーヒー好きならとってもオススメ!!
「するっと抹茶」から「コーヒー味」が登場!
乳酸菌に加え、水溶性食物繊維(グア豆由来)が腸内環境を育てます。
カフェの本場イタリアで古来から親しまれてきた本格ローストのノンカフェインコーヒー。
大麦“オルゾ”を贅沢に配合。

するっと抹茶・価格通常価格 税別 2000円

今なら はじめてセット

1800円 送料無料


約10杯分
内容量 100g

ノンンカフェインだから妊娠中、子供から年配の方まで安心して飲めます。
寝る前でもOK!
ノンカフェインだから妊婦さん、
子供から年配の方まで安心して飲めます。寝る前でもOK!
『下剤成分ゼロ』だからおなかが痛くなったり、飲む時間を心配したりする必要がありません。

3位・【すっきり贅沢抹茶】

安心安全の徹底(下剤成分ゼロ、ノンカフィイン)と葉酸が入っています。

すっきり贅沢抹茶・ポイント完全無添加、無着色、下剤成分ゼロ、ノンカフェインですので、
お子様から、ご高齢の方まで、安心してお召し上がりいただける健康抹茶です。
・老舗のお茶屋が作ったお茶
創業70余年の九州老舗のお茶屋が
作った妊婦さん向けの便秘解消の専用商品です。
返金保証あり

すっきり贅沢抹茶・価格

定価単品価格 税別 3600円

定期コース・2種類

15日分 150グラム 30%OFF
税別 2520円

30日分 150グラム×2 50%OFF
税別 3600円


1袋 150グラム
1日 15グラム

食物繊維(グア豆由来)
ガラクトオリゴ糖(自然界では、母乳の中しか含まれない成分)
善玉菌(生きたまま腸まで届くビフィズス菌・有胞子性乳酸菌)
健康野菜(有機栽培の桑の葉・宮崎産のほうれん草)
※不足しがちな葉酸と鉄分をカバー

4位・【はぐくみオリゴ】

安心安全の徹底(下剤成分ゼロ、ノンカフィイン)

はぐくみオリゴの写真
はぐくみオリゴ・ポイント
濃密な5種のオリゴ糖を独自ブレンドした自然由来100%のはぐくみオリゴ。
口コミで瞬く間に広がった話題の商品です。

5種の濃密なオリゴ糖を独自ブレンドした新しいオリゴ糖です。

毎日スッキリ出来ないという方に多く愛飲頂いており、
非常に高い満足率・購入率を誇る話題の商品です。

妊娠中や赤ちゃんのスッキリ出来ない悩みにもおすすめです♪
返金保証あり

はぐくみオリゴ・価格

通常価格 (毎月お届けコース)税込 3680円

初回特別価格 1840円 税込み


1袋 150グラム
1日 5グラムの場合 1カ月分
内容量 100g

毎日のすっきり生活にぜひお役立てください。

妊娠中に気を付ける食べ物や飲み物

妊娠中 注意 食べ物

妊娠中の便秘改善で気をつけること!飲み物や食事

妊娠中の便秘薬は医師に相談しましょう

妊婦さんんが、量を控えたい飲み物と食べ物

・カフェイン、コーヒー、紅茶、日本茶

カフェインイメージ

そもそもなぜカフェインを摂取してはいけないのかと言うと
まず第一に、流産や早産、発育障害、低出生体重児の原因になると考えられています。

なぜそのような事になってしまうのでしょう。

カフェインの影響

●お母さんの影響

妊婦の身体はカルシウムが不可欠なのに対して、カフェインはカルシウムを尿から排出する量を増やしてしまいます。
そればかりか、鉄分の吸収も妨げてしまうとの事。

●胎児への影響

カフェインは胎盤を通過し、母体とほぼ同じ濃度のカフェインが胎児に移行しまいます。
体も小さくまだ肝臓も未発達な赤ちゃんはカフェインを排出するのに時間がかかってしまい、長く体内にとどまる事になります。
カフェインには、アドレナリンが抽出され、血管を収縮する働きがあり、胎盤への血流が減少してしまいます。
結果、胎児への酸素、栄養が十分に送られなくなり発育障害にも繋がってしまうという事が考えられられています。

●1日に一杯程度だったらのんでもいい?

「飲み過ぎはだめだけど、1日に200mlまでだったらさほど影響はないからのんでもいいですよ。」
と以前はいわれてきましたが・・・・

イギリスの研究結果で残念な報告がされてしまいました。
1日に一杯のコーヒーのカフェインが、胎児の細胞中のDNAを変形させ、白血病のリスクを20%上昇させる。

というのです。

しかし、これはイギリスの研究結果であって、日本では一日一杯程度のコーヒーカフェインは問題ないと現在では言われています。
妊婦さん用に作られたカフェインレスの商品でコーヒー・抹茶などもあるので
そちらを飲んで妊娠中は乗り越えるのが良いかと思います。

厚生労働省の妊娠中のカフェインについて

・近海の魚

近海の魚

こちらも 絶対ダメではありません
水銀濃度が高いもの。
キンメダイ
メカジキ
クロマグロ
などの水銀濃度が高いものは一週間に約80gまでは良いと言われています。

魚は妊娠中の栄養素でも大事なことがわかっています。
水銀濃度の高い魚を食べすぎないでということですね。
厚生労働省の文章を下記に記載しましたので気になったかたはよんでください。

妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項

厚生労働省のPDFファイル

こちらは あまり気にしない方もいらっしゃいます。

刺身と貝系の生食は、食中毒の恐れがあるので新鮮なものにした方がいいですね。

・スナック菓子、炭酸飲料、甘いもの

心配なのは塩分と糖分をとりすぎないこと
塩分の過剰摂取は、高血圧や腎臓機能の低下につながります。
妊娠高血圧症候群の予防のためにも妊娠中は減塩に気を配りましょう。

加工食品や、外食、スナック菓子などは日本人の舌にあうように塩分が高くなっていますので、控えましょう。

妊婦さんの、塩分摂取量の目安は1日7グラムです。

市販薬

妊娠中は自己判断で薬を飲まないこと。
妊娠中に病院で処方された薬は指示通りきちんと飲みましょう。

妊娠前に飲んでいた、便秘薬などありましたら
飲む前に医師の方に相談しましょう。

妊娠前に飲んでいた薬の影響は胎児に影響する可能性は低いので心配しないで良いみたいです。

栄養ドリンク類はカフェインが強いです

ドリンク剤の種類にもよりますが
アルコールやカフェインが入っているものが多く
胎児への影響を考えて飲まないようにしましょう。
カフェインの量などは、かなり高めに入っている
栄養ドリンクがたくさんあります。

このサイトでは、妊娠経験者の先輩お母さん達の意見と厚生労働省の記事をまとめた内容でできています。

妊婦さんが便秘になる原因の5項目と体に起こる影響

便秘の原因

妊婦さんが便秘になりやすい原因

今まで便秘とは無縁だったのに・・・という人が、妊娠をきっかけに、便秘に悩まされるというお話をよく聞きます。

妊娠中の便秘

妊娠中に初めて便秘になった!
便秘のせいで腹痛がひどい!
便秘で便も硬くなりすぎて、出すのもツライ!
便秘のせいで、体全体が具合悪い!
もしくは、 今まさにツライんです!!

厚生労働省が行った国民生活基礎調査(平成25年)では、便秘の症状があると自覚している女性の総数は男性よりも多いという結果が見られました。

便秘に悩む女性は多いようですが、その中には妊娠してから便秘の症状が出るようになったという人も少なくないでしょう。

マッキー
それは、妊婦さんならではの身体に起こる変化に原因があるのです。

大きく5項目に分けて解説していきます。

  1. 便秘原因になる黄体ホルモンの影響
  2. 大きなお腹が便秘の原因?!
  3. つわりなどによる食生活の変化が便秘に影響
  4. 運動不足も便秘になる要因です
  5. マタニティブルーなど精神状態の影響も考えられます

妊婦さんの便秘原因になる黄体ホルモンの影響

黄体ホルモンという言葉に聞き覚えはあるでしょうか。
女性ホルモンといえば聞き慣れているかもしれません。

黄体ホルモンは、プロゲステロンとも呼ばれる女性ホルモンの一種です。
女性ホルモンには、エストロゲンとも呼ばれる卵胞ホルモンとこの黄体ホルモンのふたつの種類があり、これらがバランスよく分泌されることで女性の身体をコントロールしています。ふたつのうち、黄体ホルモンが活躍するのは、妊娠しやすい身体の環境づくりとその継続です。
子宮内膜をふかふかの状態に整えて受精卵の着床を手助けしたり、その後も妊娠を継続するために環境の調整を行います。

このように黄体ホルモンは妊娠には欠かせないものです。

黄体ホルモンイメージイラスト
黄体ホルモンのイメージ

妊婦さんは妊娠後期をピークに、黄体ホルモンの分泌が多い状態が続くことになります。

妊娠前に基礎体温をつけた経験がある人は、低温期と高温期があったことを覚えているでしょう。
黄体ホルモンには基礎体温を上げる作用があり、分泌量が増えている時期のグラフは高温期を示します。
高温期、女性の身体と心には様々な変化が起こりますが、それはこの黄体ホルモンの影響だったのです。
同じように、黄体ホルモンは妊婦さんの心身にも様々な影響を及ぼし、そのうちのいくつかが便秘の原因になりえます。

黄体ホルモンのどんな働きが、便秘を引き起こす原因になるのでしょう

黄体ホルモンの原因2つ
1.筋肉の収縮を抑制する働き
2.水分を体内に蓄えておこうとする働き
のふたつです。

筋肉の収縮を抑制

妊娠の継続を助ける黄体ホルモンは、流産を防ぐために子宮筋の収縮を抑制する働きを持っています。
これがひとつめの「筋肉の収縮を抑制する働き」です。
実はこの働きは、子宮の筋肉だけでなく排便に使われる筋肉にも作用してしまうのです。

腸は収縮と弛緩を繰り返して、腸の中にある栄養の吸収が済んだ食べ物…つまり便として体の外に出すべきものを、出口である肛門まで運んでいきます。
これが排便に欠かせない腸のぜん動運動と呼ばれる働きなのですが、筋肉の収縮が抑制されてしまえば、このぜん動運動もうまく行われません。

便を肛門まで運び体外に押し出すという働きが低下するために、便秘になってしまいます。

 

水分を蓄えようとする働き

ふたつめの「水分を体内に蓄えておこうとする働き」ですが、身体を妊娠しやすい環境に整える役割をする黄体ホルモンは、妊娠やその継続に備えて水分や栄養を体内に蓄えようとします。
このとき、栄養を蓄えようとするため食欲が増進し便のカサは増しますが、一方で便に含まれる水分もまた、体内に蓄えておこうとする作用が働き吸収されてしまいます。

水分を奪われた便は硬く、押し出すのが大変に。
カサの増えた便の柔らかさが足りずにうまく排出できなくなり、便秘の原因となります。

 

妊婦さんの大きなお腹が便秘の原因?!

妊婦さんの大きくなったおなかも、便秘の原因となる場合があります。

妊娠中のお腹写真
妊婦さんの大きなお腹

妊娠期間が進むにつれて、おなかの中では胎児の成長と共に子宮が大きくなっていくわけですが、子宮の周囲にある器官はその影響を受けてしまいます。

まわりの器官は、大きくなった子宮によって圧迫を受けるようになるのです。

特に子宮と腸は位置が近く、圧迫による影響も大きくなりがち。

圧迫されて狭くなった腸管では、便がスムーズに通り抜けられません。
また、圧迫を受けた状態が続くと、刺激に対して反応が鈍くなったり血流が悪くなるなどしてしまいます。

様々に出た影響によって腸の働きが悪くなり、便秘の原因となります。

妊娠中のつわりなどによる食生活の変化が便秘に影響

一般的な便秘の原因として、まず思い浮かべるのは食生活の乱れという人は多いかもしれません。

特に腸内の環境を整え、便を排出しやすい状態に調節してくれる食物繊維が不足すると、便のカサが増えなかったり、硬くなったりして、スムーズに外に押し出せず便秘になる場合があります。

普段は食事に気を使っているという人も、妊婦さんになるとなかなか思うように栄養のバランスが取れた食事ができなくなるかもしれません。

食生活の変化のイメージ
食生活の変化

つわりは、妊娠によって食生活が変化する大きな原因のひとつ

つわりの症状も程度も人によって違いますが、吐き気があれば当然いつもどおりの食事は喉を通りませんし、口にできる食品が限られてしまう時期がある人もいます。
栄養バランスの整った食事ができれば一番ですが、つわりの間は食べられるものをなんとか食べて乗り切ったりもするでしょう。
そういった食欲不振は、食物繊維が不足するなどしてうまく排便が行われない状態を引き起こし、便秘の原因となります。

また、つわり以外にも、妊婦さんの食生活が変化する原因は考えられます。

妊娠生活の中で感じる不安やストレスで気分が沈む場合もあると思います。
そういったことが原因で食欲がわかず、食事量が減ってしまうという場合もあります。

食べる量が少なくなると便のカサが減ってしまうので、腸への刺激が足りず、排便のための働きも促されなくなってしまいます。
腸が活発に動かなければ便が出ずに便秘になります。

そして、実は便秘になるとそれがまた食欲不振の原因にもなるのです。
食べないから出ない、出ないからまた食べる気がしないという悪循環も心配です。

食べたいものが変わって、食物繊維のないものや便秘になりやすい食べ物を好んで食べてしまう方も多いです。

妊娠してから食べたくなった、食品ランキングなります。

アンケート100人の方からのランキングになっています。

大人気のフライドポテト
大人気のフライドポテト

1位フライドポテト ← 大人気(‘Д’)
2位炭酸飲料
3位アイスクリーム
4位トマト
5位チョコレート
6位ポテトチップス
7位うどん、麺類
8位グレープフルーツ
9位ノンカフェインコーヒー
10位ヨーグルト
11位アメ
12位グミ
13位パイナップル
14位ケンタッキーフライドチキン
15位ガム

食べたいものが偏ってしまい便秘になりやすくなります。

便秘解消に効果が期待できる食事や生活習慣
妊婦さんの便秘解消方法はコチラ

妊婦さんの運動不足も便秘になる要因です

妊婦さんの生活は、妊娠前と同じようにいかない点もいろいろと出てくるはず。
大きなおなかで動き回るのは大変だったり、体調によっては安静にしていなければならなかったりして、運動不足になりがちになります。
妊娠中のオススメの運動方法

おなかが大きくなってくると身体を動かすのも大変です。
また、おなかの赤ちゃんを心配するあまり、妊婦さんは運動不足になりがちです。
しかし、実は運動不足も便秘の原因のひとつ。

運動不足
運動不足

もちろん妊婦さんの体調や胎児の状態によっては安静にしなければならない場合もあります。

転倒などの心配がある激しい運動はオススメしませんが、妊娠中であっても適度な運動は大切なのです。

どうして運動不足が便秘の原因になるのでしょうか。

それは、運動不足によって起こる筋力の低下が影響しているのです。

スムーズな排便は、腸の活発なぜん動運動によって支えられています。
実は、このぜん動運動を担っているのは筋肉。
腸のような消化器官にも筋肉があり、ぜん動運動も筋肉の働きで行われているんです。

こういった筋肉は平滑筋といって、自分の意思で動かそうとして動かせる筋肉ではありませんから、意識したことがある人は少ないかもしれません。
しかし、スムーズな排便に筋力は不可欠。

たとえば便を体外に出そうとおなかに力を入れて「うーん」といきむとき、使われているのは腹筋です。
そして、いきむことで腹筋が使われると腸が刺激され、その刺激がぜん動運動を促します。
これが腸の平滑筋が動くための仕組み。

トイレでいきむとき以外でも、腸に活発に動いてもらうために、普段から腹筋を使うようにするのは大切なのです。
このように、スムーズな排便のために筋肉の働きは欠かせません。

そこで心配されるのが、妊婦さんの運動不足です。
運動量が不足すると起こるのは、筋力の低下。

腹筋が衰えるといきむ力が弱くなる上に、ぜん動運動促進のサインとなる腸への刺激を送ることもできなくなります。
腹筋の筋肉量と腸の平滑筋の筋肉量は比例する傾向があるともいわれます。

運動不足による筋肉の衰えは、腸のぜん動運動の低下につながり、便をスムーズに体の外に押し出す力が低下するので、便秘の原因になってしまうのです。
排便に筋力が必要なんて、あまり意識していなかった人も多いかも知れませんね。
ただ、慌てて腹筋を鍛えようと無理な筋力トレーニングを行うのはオススメではありません。
妊婦さんが自己流の筋力トレーニングを行うのは心配な面もありますので、注意が必要です。

また、運動には精神の安定を図ったり、体のリズムを整えたりする効果があります。具体的には、胃腸の働きに大きな影響を与える副交感神経を活発にし、胃腸の動きを正常に保つのに役立ちます。
ハードな運動よりもウォーキングのような軽い運動の方が副交感神経を高めるので、便秘解消にはこういった穏やかな運動がおすすめです

マタニティブルーなど精神状態の影響も考えられます

ストレスなど精神状態の乱れも便秘につながる原因のひとつです。
それは、自律神経のバランスが崩れてしまうから。

マタニティブルー
マタニティブルー

自律神経には交感神経と副交感神経があり、生きるために必要なたくさんの器官の働きをコントロールしています。
ふたつの自律神経がバランスよく働き、各器官に指令を出すことで、各器官はそれぞれの役割を適切に果たすことができるのです。

そして、腸を含む消化器系の器官が活発に活動するよう指示を出すのは副交感神経の役割。

ところが、ストレスを感じている状態では、副交感神経の働きが悪くなってしまいます。
副交感神経がきちんと指令を出せなくなれば、腸も適切な活動をすることができません。

そうすれば腸のぜん動運動にも乱れが生じ、運動が低下したり、反対に過剰になるような場合もあります。

ぜん動運動が低下すれば当然排便はスムーズに行われず、便秘につながります。
反対に、過剰に活発になってしまったとしても便秘は起こるのです。

ぜん動運動は収縮と弛緩の繰り返しですが、過剰な収縮は腸の痙攣状態を引き起こします。
痙攣した状態では正常に便を運び、体外に押し出すことができず、便秘になってしまうのです。
ストレスから起きる便秘は、このような痙攣性便秘と呼ばれるものも多くなります。

マタニティブルーといわれるように、妊婦さんには気持ちが落ち込んだり情緒が不安定になる時期があります。
おなかの中に大切な命を預かっているという状況は、まわりが思うより重い責任を感じたり緊張したりするもの。
さらに産後の育児や生活に思いを巡らせて、いろいろと不安になってしまったりもするでしょう。

妊娠中は、ストレスを感じやすい時期といえるかもしれません

こういったストレスが、自律神経のバランスの乱れを引き起こし、便秘の原因となる場合があるのです。

実は先に紹介した黄体ホルモンも、精神状態を不安定にする原因になっている場合があります。
黄体ホルモンが多く分泌されるようになる時期は、交感神経の働きの影響でイライラや激しい気分の浮き沈みが起こる時期。
妊婦さんの精神状態が不安定になるのは、女性ホルモンの影響もあるようです。

妊娠中のストレス イメージ写真
妊娠中のストレス

運動不足から来るストレスやつわりの重さから来るストレス。
黄体ホルモンの影響だけでなく、妊婦さんの精神状態の乱れは他の便秘の原因とつながっていることも。
そして便秘になってしまうとそれがまたストレスを感じる原因になるという悪循環も心配です。

ホルモンバランスの変化、大きくなるおなか、つわり、運動不足、不安定になりがちな精神状態…。
妊婦さんの身体は便秘になりやすい環境にあるといえるでしょう。
しかし、おなかの中にひとつの命が息づいているのですから、妊娠によって身体に様々な変化が起こるのは当たり前のことです。
思い悩まず、便秘の解消に向けて自分のペースでできることに取り組んでみてください。

妊婦さんでも出来るオススメの運動方法は3種類

妊娠中の運動方法

妊婦さんの運動不足は便秘の原因でもあります

妊婦さんはついつい運動不足になりがち。
常に安静にと周囲から気を使われることも増えますし、仕方ないかもしれません。

しかし、運動不足は便秘の原因のひとつです。
運動不足から便秘を引き起こしてしまっては、体にも心にもストレスがかかり、健やかに出産を迎えることができなくなってしまいます。

適度に体を動かすことは、体重の過剰な増加を防いだり、気分をリフレッシュすることができるなど、便秘の予防や解消以外にも妊婦さんにとって嬉しいことがいっぱい。
妊婦さんだって運動していいんです。

もちろん、おなかの中に宿っている大切な命や妊婦さん自身の身体に負担をかけないことがルール。
受診している産婦人科の先生と相談しながら、指示に従って行うのが安心です。

妊婦さんにオススメの運動は?

妊婦さんが運動するなら、オススメは有酸素運動です。
有酸素運動とは、酸素を使って脂肪を燃焼させる運動のこと。
ダイエットについてちょっと調べた経験がある人なら、聞いたことのある言葉かもしれませんね。
体重管理や出産に向けて体力を蓄えるという点で、有酸素運動は妊婦さんにとって効果的な運動方法です。

脂肪を燃やすと聞くと、エアロビクスなど激しい動きで汗だくになるようなものを想像するかもしれませんが、過度な負担がかかるものはオススメできません。
マタニティウォーキング、サイクリング、水泳、軽いジョギングだって立派な有酸素運動。

有酸素運動の写真
有酸素運動

妊婦さんがこれから始めるなら、負担の少ないウォーキングがオススメです。

水泳ならマタニティスイミングのレッスンを実施しているスイミングスクールもあります。
スイミングやマタニティヨガのレッスンなどは、知識のあるインストラクターさんと一緒に行うことができるのが安心点。
腹式呼吸を意識して行うヨガも、有酸素運動のひとつといえるのです。

このように、妊婦さんでもできる有酸素運動はいろいろ。
体全体を使ってできる運動、また楽しみながら続けられる運動がよいとされています。

競技性の高いスポーツは、転倒や無理につながることがあります

 

妊婦さんオススメの運動方法3種類

妊婦さんが行うマタニティウォーキングのメリット

妊婦さんが運動するとき、一番オススメしやすいのがマタニティウォーキングです。
歩くことは、ひとりでもいつでもどこでも始められるとても身近な運動方法。

マタニティーウォーキングの写真
マタニティウォーキング

のんびり歩くお散歩とちがって正しい姿勢でペースを守って…といったコツはありますが、難しくてできない! ということもないはず。
スポーツは苦手という妊婦さんでも挑戦しやすいところが一番のオススメポイントです。

また、便秘解消の点でもウォーキングはオススメ。
腸の動きが活発になるのは副交感神経が強く働いているときなのですが、便秘に悩まされているときは、この副交感神経を含めた自律神経のバランスが崩れているといわれます。
自律神経のバランスを整えるためには呼吸を意識することが有効とされ、特に副交感神経の働きを高めるのは、ゆっくり息を長く吐く呼吸。

つまり、呼吸が浅くなる激しい運動はあまり向いていないのです。
呼吸を意識しながら行えるウォーキングは、便秘解消のための運動にも適しているといえます。

ウォーキングのデメリット

屋外で行うことが多い点はデメリットといえるかもしれません。
ひとりでも行えるところはメリットでもありますが、万が一屋外で何か困ったことが起きたときにはデメリットにもなりえます。
気分が悪くなったり、すぐに受診したい状態になったとき、自宅なら同居している家族に頼ることもできますが、その場で、自分で対応しなくてはなりません。

屋外なので、お天気にも左右されるでしょう。
夏の炎天下で無理をすると熱中症の症状が出てしまうことも。
妊婦さんの体温が上がりすぎるとおなかの赤ちゃんにも良くないといわれます。
水分を補給できるよう水筒を用意して、できるだけ涼しい時間帯を選んで歩きたいですね。
気温が高く心配だと思う日は無理をせずお休みすることも大切です。

雨の日のウォーキングもまた心配です。
絶対にできないわけではありませんが、濡れて滑りやすくなっている場所があれば転倒の危険が増しますし、風邪をひいて体調を崩してしまう不安もあります。
天候の悪い日が続くと、歩きたくても歩けず、うずうずしてしまうかもしれません。

人通りが多い道を避けるなど気を付けていても、誰かとぶつかったり転倒してしまったりする可能性はゼロとはいえません。
気分が悪くなったとき、問題が起こったときのことを考えて、準備をしておきましょう。
タクシー会社や迎えをお願いできる人の連絡先を携帯電話やスマートフォンに登録したり、メモを用意しておくなど、不安を減らすための対策が必要です。

マタニティスイミングのメリット

マタニティスイミングでオススメなのは、楽しく運動不足が解消できるという点です。
ウォーキングでは物足りない、あまり楽しさが感じられず続かない…という妊婦さんには特にオススメ。

大きく重たくなったおなかも水の中では軽く感じられ、気持ちよく全身を動かすことができ、身も心もスッキリ!

マタニティスイミング
マタニティスイミング

楽しんで体を動かしているうちに、体重増加をセーブしたり、全身の血行をよくして浮腫みを防いだり、妊娠中の悩みのタネが解決されていることも。
全身運動なので、程よい疲れと共に夜もよく眠れるようになるでしょう。

また、マタニティスイミングのレッスンには、当然あなたのほかにも妊婦さんたちが参加しています。
同じ妊婦の立場で話ができる相手との交流は、いい気分転換になるかもしれません。
マイペースに運動したい人ならひとりでもできるウォーキングがオススメですが、友達を作ったり誰かと交流することが楽しいタイプの妊婦さんなら、グループで行うレッスンに参加することは気持ちを明るくするでしょう。
気が合う人に出会うことができれば、出産後も付き合えるお友達ができるかもしれません。

さらに、マタニティスイミングのスクールでは、出産のときに使う呼吸法を教えてくれることもあります。
この呼吸法が案外役に立ったという声は先輩ママからも聞こえてきます。
楽しく身に付けたものが、お産のときに思わぬ効果を発揮するかもしれません。

マタニティスイミングのデメリット

一方でマタニティスイミングのデメリットは、ウォーキングと比べて始めるのに敷居の高さを感じがちなところ。
まず、レッスンを行っている施設を探し、参加する必要があります。
初対面の人と接することが得意でない場合は、少し気が重く感じられるかもしれません。
施設までの安全な移動方法も考えなければなりませんし、あまり遠くにあると、始めたものの通うのが億劫になってしまうなんて残念なことも。

レッスンに通うとなれば、当然お金がかかります。
この時期しか必要ないし…と思うと、マタニティ用の水着を用意することも、もったいなく感じてしまうかも。
出産にはお金がかかるもの。
産まれてくるお子さんの将来のために、できるだけ出費を抑えようと工夫して節約を頑張っている妊婦さんにとっては、費用のこともデメリットかもしれません。

また、気持ちよく体を動かせることはメリットですが、ついつい頑張りすぎておなかの張りを感じて慌ててしまわないように注意しましょう。
体調の異変を感じたとき、グループでのレッスン中は気を使って言い出しづらいかもしれませんが、まわりはみんな同じ妊婦さん。
理解してくれるはずです。
無理は禁物、違和感を覚えたら必ずインストラクターさんに報告して安静にしましょう。

マタニティヨガのメリット

妊婦さんが運動を目的にレッスンなどを探す場合、マタニティスイミングのほかにマタニティヨガも候補に挙がるでしょう。
マタニティヨガのメリットは、スポーツが得意ではない人でも挑戦しやすいところ。
走ったり泳いだりするわけではないので、昔から体育の授業は憂鬱だった…なんて人にも始めやすいのではないでしょうか。
きちんと知識のあるインストラクターさんの指導なら、初心者の妊婦さんもきっと楽しく体を動かせると思います。

マタニティヨガの写真
マタニティヨガ

走ったり泳いだりするわけではないといっても、ヨガはしっかり体を使うので、実は結構気持ちのいい疲れを感じるんです。
他の運動と同じように、体重管理や運動不足による不眠の解消なども期待できるでしょう。

また、ヨガは呼吸を重視して行います。
この呼吸法が、出産のときに役に立つのもメリットといえます。
多少練習していても、いざお産が始まってしまうと冷静さを欠きなかなかうまくいかないもの。
マタニティヨガに通うことで呼吸法がしっかり身に付いていれば、大事な出産本番にも上手に対応できるかもしれません。
呼吸を意識しながら体を動かすことは、自律神経のバランスを整えることにつながりますから、便秘の解消もより期待できるでしょう。

ヨガには気持ちを安定させる効果もあるといわれます。
レッスンに通い体を動かすことで気分のリフレッシュにも。
他の妊婦さんと触れ合う機会を得て会話を楽しむうちに、出産の不安などで沈みがちになっていた気持ちが明るくなっているかもしれません。

マタニティヨガのデメリット

マタニティヨガは、誰にでもチャレンジできそうに思えるところがメリット。
それはとてもいいところではあるのですが、大切なのは適切な環境で妊娠時期や体調に応じたポーズを行うことです。
簡単そうだからと動画などを参考に自己流で始めてしまうと、それらが疎かになってしまう心配があります。
きちんと知識のある指導者のもとで行うのが安心です。

たとえば、ヨガを始めるのは安定期を過ぎてからがオススメですが、妊娠初期でも絶対にできないということはありません。
ただ、その時期にできるポーズを慎重に選ぶ必要がありますし、体調の変化に特に気を配らなければならないでしょう。
また、自己流では正しくポーズをとれていないこともあります。
呼吸の仕方も、実際に指導を受けるのとそうでないのとではちがいます。
取り組む時間や頻度なども含め、適切でなければ大事な赤ちゃんと妊婦さんの身体に負担をかけてしまうかもしれません。
誰にでも挑戦しやすいところが、逆にデメリットとなってしまう恐れがあるのです。

適度な運動は便秘の解消に効果的。
しかも、体重管理や気分転換にもつながって、妊婦さんのいろいろな悩みをいい方向に導いてくれるかもしれません。
いくつか挙げたメリット、デメリットを参考に、自分に合った運動を見つけて続けてみてください。
おなかの中に宿っている大切な命や妊婦さん自身の身体に負担にならないことが一番のルール!
産婦人科の先生と相談しながら、適切に行ってくださいね。

 

妊娠中の便秘解消方法の案内
妊婦さんの便秘解消方法

妊娠中の便秘を解消したい!薬を使わずに便通を良くする方法

便秘解消方法

妊娠中の便秘解消方法!薬を使いたくないと思っていませんか?

便秘解消で一番効果があるのは生活習慣を見直すことです。

マッキー
薬に頼らずに便通を促す方法を、紹介します!

それでは、生活習慣の中のどんなところを見直せばいいのでしょうか。
便秘解消のために、日常生活の中で妊婦さん自身ができることを大まかに挙げてみると、以下の4つの点になります。

1.食生活を見直す
妊娠さんの便秘解消に効果のある食事

2.適度な運動をする
妊婦さんの便秘解消にオススメな運動は?

3.排便のリズムを作る
妊婦さんの便秘解消と生活習慣

4.よく眠り、リラックスして過ごす
妊婦さんの睡眠不足やストレスを和らげる

上記4つの改善方法を次のステップから説明していきます。

どれもそれほど難しいことではないようで、でも、慣れない間は少し大変に感じるのかもしれません。
これまでの生活になかったことを取り入れるのは億劫なものです。

妊娠中は特に、気分がすぐれなかったり、動くのが大変だったりして、あまり余裕がないこともあるかもしれません。

妊婦さんが心身共健やかに出産の日を迎えられるように、便秘はぜひとも解消しておきたい悩みのひとつ。

おなかの中ですくすく育っている赤ちゃん。
そんな赤ちゃんと出会う前のママのひと仕事だと思って、できそうなものからぜひ挑戦してみましょう。

生活習慣をどう見直し、どんなことをしてみたらいいか、次からひとつひとつ少し詳しくみていきます。

妊娠さんの便秘解消に効果のある食事

食物繊維には、働きの異なるふたつの種類があります

まず、食生活の見直しです。

つわりがひどい状態でなければ、便秘の解消に効果的な食事をとることができると思います。
普段の食生活を見直してみましょう。

では、便秘解消に効果のある食品にはどんなものがあるでしょうか。
また、あなたは普段それらをどれくらい食べているでしょうか?

食物繊維
食物繊維

便秘の解消に効果があると考えられるのは、食物繊維を多く含んだ食品です。

食物繊維が多い食品といえば、思い浮かぶのはゴボウやサツマイモ。

でも、もしかすると「サツマイモをたくさん食べても便秘が解消されない…」と悩んでいる妊婦さんがいるかもしれません。

サツマイモだけ食べていても、お通じはよくならないの?

実は、食物繊維にはふたつの種類があるのを知っていましたか?

それは、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維

ふたつの食物繊維はそれぞれ働きがちがうので、便秘の解消を目指すには、このふたつの食物繊維をバランスよく取り入れることが望まれるのです。
2種類の食物繊維の役割は下記になります。

 

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維 
不溶性食物繊維 

水に溶けない不溶性食物繊維は、水分を含むと膨らんで便の「かさ増し」の役割をします。
便のかさが増すことで、腸が刺激されスムーズな排便へとつながります。

 

水分を含まないと、この作用がよく働かないので、重要なのは食べるばかりでなく水分をしっかりとること。
体を冷やしすぎるのに注意するのも大事です。

 

不溶性食物繊維が多く含まれる食べ物

・玄米 ・大豆
・おから  ・とうもろこし
・しらたき ・きくらげ
・納豆  ・オートミール

穀類・豆類・根菜類
に多く含まれます。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維
水溶性食物繊維

水に溶ける水溶性食物繊維の働きは、腸内環境を整えること。
そして、便を排出しやすい軟らかい状態にしてくれる作用もあるのです。

不溶性食物繊維をたくさん取り入れて便のかさが増しても、それが硬いままではなかなか外に出すことができません。
サツマイモは不溶性食物繊維を多く含む食品なので、改善が見られないときは、水溶性食物繊維を多く含む食品も一緒に食べるようにする必要があるかもしれませんね。

水溶性食物繊維が多く含まれる食べ物

・オクラ ・エシャロット
・ごぼう ・納豆
・アボカド・にんじん
・切干だいこん(乾)
・いんげん豆(ゆで)
・こんにゃく ・プルーン
・ドライフルーツ

こんにゃく・海藻類
に多く含まれます。

ふたつの食物繊維、どちらも大事です!

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のとりかた

これらは2:1の割合で摂取するのが望ましいと考えられています。

食物繊維を多く含む食品を選んでしっかり食べるようにしているつもりでも、実は摂取できているのは不溶性食物繊維ばかりで、水溶性食物繊維が不足してしまっているという場合があります。

食物繊維の多いものを食べるようにすることから、さらに一歩進んで、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方をバランスよく摂取できるように意識してみましょう。

特に水溶性食物繊維は、意識して取り入れないと不足してしまいがちです。

不溶性食物繊維が便のかさを増し、水溶性食物繊維がその便を排出しやすい柔らかさに調節。
こうして両方が上手に働けば、排便がスムーズに行われるよう促され、便秘の解消につながります。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方をしっかり含む野菜には、ゴボウやオクラ、モロヘイヤなどが挙げられます。
納豆や切り干し大根も優秀。
偏りなくバランスよく取り入れていきましょう。

妊婦さんの中にはつわりの症状が出ている人もいるでしょう。
つわりがひどいときには無理はしないで(^^♪

上に挙げたような食品の中から、「これなら食べられるかも」と思うものを調子のいいときに少しずつ食べてみてください。
あまり量が食べられないときは、少量を数回に分けて食べるのもいいと思います。

妊婦さんの便秘解消にオススメな運動は?

便秘の原因のひとつである運動不足を解消するためには、適度な運動が必要です。
妊婦さんの運動には注意する点がいくつかありますが、運動には体重管理や気分転換といったメリットもあります。

産婦人科の先生に相談してOKがもらえたら、身体の状態に気を付けながら妊婦さんでもできる運動を始めてみましょう。

オススメなのは、呼吸を意識しながら行うことのできる有酸素運動。

便秘に悩んでいるときは自律神経のバランスが崩れているといいます。
ゆっくり息を長く吐く呼吸は、副交感神経の働きを高め、自律神経のバランスを整える効果が期待できます。

つまり、呼吸が荒くなる激しい運動よりも、便秘の解消に向いているのはゆっくりと長い呼吸ができる運動。
激しい運動は転倒などの心配もあり、運動に制限のある妊婦さんが今から始めるにはあまりオススメとはいえません。

便秘を解消したい妊婦さんが始めるなら、オススメはマタニティウォーキング。
運動が得意ではないという人でもウォーキングはオススメです。

マタニティスイミングは重たいおなかを気にせず気持ちよく体を動かせますし、体重管理の効果もあるでしょう。
呼吸が肝心なマタニティヨガも有酸素運動です。
レッスンに通って他の妊婦さんと交流しながら運動できるのも楽しいものです。

それぞれにメリットとデメリットがありますから、自分に合った運動を見つけてみましょう。
始める前には産婦人科の先生に相談することを忘れずに。

また、スイミングやヨガは、専門的な知識を持つインストラクターさんの指導のもとで行いましょう。
ヨガやストレッチには妊婦さんが避けたほうがいいポーズもあります。

妊婦さんができる運動方法

自己流は禁物。
妊婦さんの身体とおなかの赤ちゃんに負担をかけないことが何よりも大切です。

妊婦さんの便秘解消と生活習慣

便秘を解消するために改善したい生活習慣。
食事や運動に加えて大切なのは、排便のリズムと睡眠時間です。

・朝のトイレが排便のリズムを作ると言われています

便秘があたりまえの状態になってしまっている身体に、排便のリズムを覚えてもらいましょう。

早寝早起きが習慣になっていると、目覚ましのアラームが鳴る前に自然と目が覚めてしまうことがありますよね。
同じようにうまく習慣付けてしまえば、毎日自然と排便を行う感覚を身体が取り戻し、便秘の解消につながることが期待できます。

やることは簡単。

毎日同じ時間にトイレに行き、便座に座ることで排便のリズムを作りましょう。
トイレの前に水分をとるとより効果的です。

最初のうちは便が出ないかもしれませんが、続けることが大切です。

便が出る気配がないときは、長い間トイレに座っているのはダメです。

出ないことにイライラしてストレスになっては逆効果ですから、気配がなければサッと引き上げましょう。
長時間便座に座って無理にいきんだりすると、痔の症状につながってしまうので気を付けて。

大事なのは毎日同じ時間にトイレに行く習慣を作ることです。
トイレに行く時間は、できれば朝がいいといわれます。

起床後は腸が活発に動く時間帯。
水を飲み朝食を食べることで、さらに胃や腸が刺激され活動を促すことができます。

一日の始めにスッキリと排便することができれば、自然と生活のリズムも規則正しく整うので朝のトイレ習慣はオススメ。
水分は朝以降もこまめにとると良いですが、冷たい飲み物ばかり大量に飲むと体を冷やしてしまうので注意しましょう。

妊婦さんの睡眠不足やストレスを和らげる

次に、睡眠時間です。
副交感神経はぐっすり眠っているときやリラックスしているときに活発に働くので、自律神経の乱れを整えるために睡眠不足の解消が必要です。

妊娠によって生活のリズムが変わり、まだ慣れられずにいる妊婦さん。
お仕事を続けていて、慢性的に睡眠不足の妊婦さん。

妊娠や他のことに起因するストレスでよく眠れないという妊婦さんもいるでしょう。

睡眠不足の原因は様々ですぐには解消できないこともありますが、生活リズムを見直したり、忙しい妊婦さんはご家族の協力を得るなどして、できるだけ床に就く時間が遅くならないようにできればいいですね。

工夫して、しっかり睡眠をとれるような生活を心がけましょう。

リラックスのためには、妊娠中に感じる様々なストレスをできるだけ和らげることも大切です。
ストレスの原因をすべて取り除くのは難しいかもしれませんから、うまく付き合って行くことが必要。

ゆったりした時間を過ごすように心がけたり、好きなことを楽しんだり。
自分なりのストレス発散法を見つけてみましょう。

・お風呂は少しぬるめのお湯をためてゆっくりと

排便のリズムや睡眠時間の他に、見直したいのはお風呂の習慣。

女性の中にはお風呂が好きという人も多いかもしれませんが、中には普段はシャワーで済ませているという人もいるでしょう。
忙しいとなかなかゆっくりお湯につかっている時間がないということも。

しかし、便秘の解消には身体をあたためることも効果的なんです。
身体をあたためることで血行が良くなり、腸などの内臓の動きも活発になるといいます。

また、ひとりであたたかい湯につかりゆっくりと過ごすお風呂の時間は、リラックスの効果もあるでしょう。

普段はシャワー派という人も、浴槽に湯をためてゆっくりと身体をあたためるようにしてみましょう。
熱いお湯に短時間つかるより、もう少し湯温を下げて長くつかるほうが効果的。

特に下半身を冷やすとよくないので、足湯も効果があるといわれます。

妊婦さんの便秘解消方法のまとめ

改めて妊婦さん自身が便秘を解消するためにできることをまとめてみます。

・食生活を見直し、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を多く含む食品をバランスよく食べることを意識する

・ウォーキングなど、妊婦さんの身体の状態に応じた運動を適度に行う

・朝、水分や朝食をとった後、決まった時間にトイレに行く習慣をつけ、排便のリズムを体に覚えさせる

・睡眠時間をしっかり確保してぐっすり眠り、ストレスを和らげリラックスした気持ちで毎日を過ごすようにする

気軽に挑戦できることもあるでしょうし、ちょっと大変だと感じることもあるかもしれません。
食生活の改善に一生懸命になりすぎた結果、疲れてしまってストレスを感じるようになる…なんてことになっては、せっかくの便秘解消のための行動が逆効果。

妊婦さんの心と身体はデリケートなところがありますから、無理をせず、できることから始めてみてください。
完ぺきにやらなきゃと思い詰める必要はありません。

「全部改善するのは大変そう…」と不安に思うこともあるかもしれませんね。
でも、運動を始めてみたらよく眠れるようになって、睡眠不足が解消したり。

マタニティスイミングやヨガのレッスンが意外と楽しくて、気分転換になることでストレス発散につながったり。
こんなふうにひとつの改善が、他の改善につながっていくということもありますよ。

一度に全部ではなくても、やってみようかなと思えるものから始めてみることが大切です。
まずは明日の朝、お水を飲んでトイレに行ってみませんか。

これらのことを試してもどうしても改善がみられない。
便秘がひどくて身体の調子が悪くなってきた。

そういった場合は、我慢せず産婦人科で担当の先生に相談しましょう。
産院の先生なら妊婦さんの状態に応じて、妊婦さんにとって安全な対処をしてくれるはず。
自分で解決できないことがあるときは、病院を頼るのも必要なことです。

妊娠中の運動でちょっと危険な運動

妊婦さんにオススメできないのはどんな運動?

妊婦さんが運動をすることのデメリットを挙げるなら、転倒など思わぬ事故の可能性がある点や、おなかの張りを引き起こすきっかけとなりうる点。
それらの可能性が高くなりそうなものはやはり心配です。

仕事や家事など、ちょっと頑張って動きすぎた後におなかの張りを感じた経験のある妊婦さんも少なくないのではないでしょうか。
運動も頑張りすぎるとおなかの張りを引き起こすことがあります。

おなかの張りは、子宮の収縮。

必ずしもすぐに危険な状態につながるわけではないですが、切迫早産などのサインであることも。
気が付いたらすぐに横になるなど安静にしましょう。

妊婦さんの運動は、頑張りすぎないよう意識することが大切ですし、そうなる可能性が高いと考えられるスポーツはあまりオススメできないのです。

たとえば、転倒する危険が高いと思われる激しい接触があるようなスポーツ。
それに、勝敗や記録の更新に熱くなってしまいがちな競技性の高いスポーツを妊娠中に新しく始めるのは避けたほうが安心です。

妊娠中の身体はやはり慣れた自分の身体とはちがっています。
大きなおなかはバランスを崩したり、反応が遅れるなどの原因になることもあるでしょう。

妊娠前から続けていたスポーツの場合、完全にやめてしまうと気持ちが落ち込んだりストレスを感じるということがあるかもしれません。
しかし、産婦人科の先生と相談しながら、参加の仕方を制限することは必要です。
一緒にプレーする仲間たちにも気を使わせてしまうでしょうし、勝敗や記録にこだわるうちについ夢中になって無理をしてしまうなんて可能性も。
いつの日か親子で同じスポーツを楽しめる日が来るのかも、なんてワクワクするような想像をしながら、今は試合や激しい練習はセーブ。

自己流のストレッチやヨガ、筋トレなども心配です

また、激しい運動ではないから大丈夫と見えて、実は注意してほしいのがストレッチや体操、ヨガ、筋力トレーニング。
それは、妊婦さんは避けたほうがいい姿勢やおなかに過度に力がかかるトレーニングなどがあり、自己流で行うのは心配だから。
もちろんたくさんの妊婦さんがマタニティヨガのレッスンに通ったりしているので、これらの運動も正しい知識を持つインストラクターさんに指導を受けて行う場合は安心です。

たとえば、仰向けの姿勢を続けるような運動は、妊婦さんにはオススメできません。
仰向けの姿勢を続けていると、徐々に赤ちゃんの重みが妊婦さんの身体の血管を圧迫し、血液がうまく流れなくなってしまうことがあるんです。
その結果、血圧が急激に低下して気分が悪くなったり意識を失ってしまったりする恐れがある上に、赤ちゃんに送られる酸素も少なくなってしまいます。
これは「仰臥位低血圧症候群」と呼ばれる症状で、特に妊娠中期や後期には注意しなければなりません。

他にも体をひねるポーズ、ジャンプなど体を上下する動きにも注意したいところ。
急激に大きく体勢を入れ替える動きも心配です。

身体に良さそうなストレッチ運動も、実は妊婦さんの身体はホルモンの働きで関節が緩くなっているため、思わぬ損傷を招くことが。
無理な力がかからないように、セーブすることが必要です。

妊婦さんが運動をするとき、注意してほしいこと

妊婦さんの運動が赤ちゃんや妊婦さん自身の負担になることのないように、注意してほしい点がいくつかあります。
まず一番に、運動を始める前には、受診している産婦人科の先生に自身の状態を確認すること。
自己判断はオススメできません。

相談すれば運動をしてもいい状態かどうか先生が判断してくださいますし、産婦人科でウォーキングのやり方について講習を行っていたり、マタニティヨガやスイミングの教室を紹介してもらえることもあります。
また、運動をしていて体の異常を感じたときも、必ず病院で相談するようにしてください。

運動を始める時期は、一般的には安定期に入ってからがいいといわれます。
これまで運動をする習慣がなかった人が、心身共に不安定な妊娠初期に新しいスポーツを始めることはあまりオススメではありません。
妊娠初期の運動については特に、受診している産婦人科の先生に相談してから行うことをオススメします。

さらに、一度に長時間運動を続けないように注意しましょう。
体調が良く、身体に変化が感じられなかったとしても、30分から60分の間で楽しむようにするのが安心です。
運動する前には準備運動をすること、運動を終えた後はしっかり休むこと。
終了後30分はおなかの赤ちゃんの様子を意識して確認できればいいですね。
元気に動いているのがわかれば安心です。

赤ちゃんと妊婦さん自身の身体に負担をかけないよう注意して、楽しく運動してみましょう。

妊娠中の便秘で赤ちゃんに影響はある?ない?

妊婦さんが便秘の症状で苦しんでいるとき、その悩みは妊婦さん自身がつらいというものだけでしょうか。
妊娠中の女性が何より気にしているのは、きっとおなかの中の赤ちゃんのこと。
無事に出会える日を夢見ておなかの中で大切に育てている赤ちゃんですから、便秘になったときにまず心配するのも、胎児への影響かもしれません。

・妊婦さんの便秘、赤ちゃんに影響はある?

では実際に、妊婦さんの便秘によって胎児は何か影響を受けてしまうのでしょうか。
たとえば、子宮と腸は近い位置にありますから、妊婦さんが便秘になると、胎児がたまった便に圧迫されて苦しい思いをしてしまうということはないでしょうか?
また、便秘になると血液がドロドロになってしまうなんて話を見聞きした妊婦さんは、その血液が胎児に送られて、発達や健康になんらかの悪影響を及ぼすのではないか? というような不安を感じているかもしれません。
便秘で体が苦しい上に、そんな不安や心配を抱えていては精神的にもストレスですよね。

しかし、近年では便秘が胎児に直接影響を及ぼす可能性は少ないと考えられるようになっています。
赤ちゃんはお母さんのおなかの中でちゃんと守られているので、過剰に心配しなくても大丈夫ということです。
もし便秘によって子宮の収縮が起きたとしても、それが直接赤ちゃんの発達を妨げたりはしません。
反対に、便秘が子宮や胎児からのなんらかのSOSのサインであるという場合も少ないものです。

・おなかに力を入れていきんでも赤ちゃんは大丈夫?

便秘で苦しむ妊婦さんの中には、トイレでいきむ行為が怖いという人もいるかもしれません。
なかなか出てくれない硬くなった便を出そうとすると、多少おなかに力を入れていきむことは必要です。
でも、おなかに赤ちゃんがいると、いきむのを躊躇してしまいがち。
おなかに力を入れると、胎児に何か影響してしまうのでは?
妊娠後期なら、いきみすぎるとこのまま出産が始まってしまうのでは?
そんなふうに心配しておなかに力を入れるのを怖がることで、いっそう排便がスムーズにいかなくなってしまうようです。
実際、通常の排便時のいきみで胎児に大きな問題が起こることはあまりありません。
出産の練習くらいの気持ちで、心配しすぎずおおらかにかまえてみましょう。

通常の排便が直接赤ちゃんに影響を与えることは考えにくいですが、排便のために強くいきんだことで、子宮が収縮を起こす可能性はあります。
少し古い発行物には、直接の原因ではないとしながらも、便秘や下痢が早産や流産の誘因になる可能性を否定していないものも見られました。
過剰に心配する必要はないですが、注意するにこしたことはないのかもしれません。

トイレの後で、もしおなかの張りを感じた場合はすぐに安静に。
しばらくしても張りが治まらなかったり、痛みが強くなるようなことがあれば、必ず病院に連絡しましょう。

妊娠後期になれば、過剰ないきみによって子宮口に余分な力が加わるということもあります。
状況はその都度、妊婦さんひとりひとりによって異なります。
自分のいきみが「通常」の範囲内のそれなのかどうか、子宮への影響などが気になって不安なときは産婦人科の先生に相談してみましょう。
こういった不安の種を少なくするために、便秘を解消しておくことは大切です。

・便秘から痔になってしまえば、出産時に影響も…

過剰ないきみは、子宮を収縮させるだけではありません。
妊婦さん自身の健康に影響することも起こりえます。

便秘でなかなか排便ができないとき、なんとか出してしまいたくてついトイレにこもる時間が長くなるという経験がある人も多いのではないでしょうか。
しかし、長時間便座に座ってうんうんといきみ続けるのは、妊娠中でなくてもおすすめできないこと。
何より、便意がないのにいきみ続けるのはよくありません。
おしりに力を入れすぎると、肛門付近に負担がかかり、痔を発症してしまう可能性があるのです。

妊娠中でなくても痔になってしまう人がいるのに、おなかが大きくなっている状態の妊婦さんが長い時間下半身に圧力をかけ続ければ、可能性はより高まります。
実際に妊娠中に痔になってしまった先輩ママの声も多く聞こえてきます。
痔になるとしても、直接赤ちゃんに影響しないなら…と甘く見てはいけません。
いつよりもしっかりいきまなければならない出産時に、痔の存在は様々な不安の種となりえるのです。
赤ちゃんと出会うための最後の大仕事のために、心配事は少ないにこしたことはありません。

また、出産を乗り越えたとしても、その後待っている赤ちゃんとの生活にも影響が考えられます。
産後の身体で、痔の痛みを抱えて、新生児のお世話をするのは想像しているよりも大変かもしれません。
もっとしてあげたいことがあっても、ママの心と体がうまく対応できないかもしれません。
痔の発症を避けるよう便秘の解消に努めることは、赤ちゃんのためでもあるのです。

妊婦さんはおなかの赤ちゃんを大切に思うあまり、ついつい自分の心配を後回しにしてしまいがちなところがあるかもしれません。
でも、無事に出産の日を迎えるのも、お産を乗り越えるのも、産まれた赤ちゃんと生活するのも、妊婦さん自身です。
もちろん家族や周囲の人の手助けを得てのことですが、妊婦さん自身の心身の健康はもっとも重視されなければならないものといえるのではないでしょうか。
ひどい便秘で苦しい思いをする時間が続いたり、痔の痛みで歩くのも大変だったり、出産時の不安が増してしまったり。
便秘は妊婦さんの心身に影響し、様々なストレスを与える可能性があります。

・出産時に思わぬ影響が出ることも

重い便秘のまま予定日が近付くと、子宮の収縮や陣痛の痛みと、便秘によるおなかの張りや痛みが区別できないということも起こりえます。
特に初めての出産の場合、どれがいつもの便秘の張りでどれが陣痛の始まりか、自信を持って判断できる妊婦さんは少ないのではないでしょうか。
いつもの便秘だと思ってトイレにこもっていたら実は陣痛が始まっていて、慌ててしまうなんてこともあるかもしれません。

また、出産が近くなると余計にいきむのが怖くなり、ますます便秘を悪化させてしまうケースもあります。
その結果、出産前にたまった便を出しておきたいと思っても、硬くなった頑固な便は簡単には動いてくれず…。
出産に集中したいのに、余計な苦しみでパニックに。
いきむにいきめず、痛みは増していき、そのせいで肝心なときに気分が悪くなってしまうなんてことも起こりえるのです。
しっかりシミュレーションや準備をしておいたとしても想像どおりに進まないのがお産ですが、解消しておける不安は解消しておきたいものです。

・「絶対に大丈夫」はありません

便秘といっても、人によって便が出ていない日数など症状は様々です。
必ずしも、毎日きちんと便が出ていなければ便秘だというわけではありません。
逆に何日もの間排便がなく腹痛が起こっていても、病気ではないから、と自己判断で放置してしまう人もいるでしょう。
「たかが便秘だし大丈夫」「便秘くらいで病院に行くのは恥ずかしい」という思いもあるのかもしれません。

しかし、どんな症状もひどく悪化することは望ましくありません。
普通なら影響はないものでも、重い症状になってしまえばどんなことが起こるかはわかりません。
「たかが便秘」と思わず、対処することは大切です。

便秘になったからといって、慌てて胎児の発達や健康への影響を心配する必要はありません。
しかし、便秘は妊婦さんにとって心身のストレスになりえたり、出産時に思わぬトラブルを招く可能性もゼロではありません。
ストレスを軽減し、出産時の心配を少なくするために、改善を目指してできることをしてみましょう。