カイテキオリゴ

妊娠中のオススメ便秘商品

カイテキオリゴが妊娠中にオススメできる理由と他製品との比較

更新日:

カイテキオリゴは日本一売れている妊娠中の便秘商品です

カイテキオリゴの成分や安全性をまとめます。

カイテキオリゴは日本一売れている妊婦さん用便秘商品です。がその成分が安心できるものかを調べました。
妊婦さんにとって、安全性は第一優先ですよね!

まず、人気について調べました

カイテキオリゴの人気

ネット通販限定にもかかわらず日本一売れているオリゴ糖食品といわれている「カイテキオリゴ」は、ネットとクチコミだけで全国に愛用者が30万人を超え、モンドセレクション最高金賞を5年連続受賞しています。

もともとカニやメロン、チーズケーキなどの北海道のグルメ特産品を販売する会社でしたが、北海道産のてん菜から天然抽出したオリゴ糖を健康食品素材として商品化しないかという話をもちかけられたのがきっかけで「カイテキオリゴ」が開発されたそうです。届いたオリゴ糖の原料サンプルを便秘気味のスタッフが持ち帰り試したところ、大変好評だったため、「お客様の中にも同じようにスッキリ体験したい方もいるかもしれない・・」と考え、製品化しました。

購入した方からスタッフの想像を超えた喜びの声が殺到し、一度購入した人のクチコミがきっかけとなり、ネットやクチコミを通じてどんどん広まっていき、信頼と実績で「日本で一番売れているオリゴ糖」になりました。

カイテキオリゴで期待できる効果

☑コロコロ、カチカチ

☑お腹がすっきりしない

☑スルッと毎朝快適になりたい

☑トイレの臭いが気になる

☑お腹の健康が気になる

便秘にも様々な種類があり、その原因や症状は多種多様です。食物繊維不足や運動不足、ストレスから引き起こされる便秘もありますが、一般的に考えられる原因は「腸内環境の悪化」です。日本人は味噌・酒粕などの生きた酵母菌を生活の中で利用することで、健康な体を維持してきました。腸の中での酵母菌は、ビフィズス菌や乳酸菌を増やす働きがありますが、最近では添加物の多い加工食品や脂肪・糖質など消化の悪いタンパク質の摂取が多くなり、食生活の変化によって腸内環境が悪くなり、便秘気味の人が増加傾向にあります。

腸の調子が良い状態とは、腸内の善玉菌である乳酸菌、ビフィズス菌が活性化されている状態を言います。 カイテキオリゴは、飲み物や料理に混ぜたり、手軽に日常習慣の中で高純度・高品質のオリゴ糖を摂取することで、腸内に棲んでいる善玉菌であるビフィズス菌、乳酸菌のエサになり、 その結果として善玉菌が増え、お腹の調子が快適になるのです。

カイテキオリゴの安全性

自然由来の成分

カイテキオリゴは、独自の「EOS理論」に基づき、北海道のてん菜(別名:サトウダイコン・ビート)や牛乳といった、全て自然由来の素材から抽出した高純度・高品質なナチュラルオリゴ糖食品です。 赤ちゃん、妊婦さん、高齢の方、全ての方に安心して摂取することができます。

◇EOS理論とは◇
Enterobacteria OligoSaccharide Synergyのこと。 「複数のオリゴ糖を組み合わせることで実感度をパワーアップさせ、単一成分のオリゴ糖以上に実感を生み出せる仕組み」で、EOS理論は北の快適工房独自の研究によって発明された理論です。

NPO法人日本サプリメント評議会承認

カイテキオリゴは、NPO法人日本サプリメント評議会により、安心・安全評価製品として承認されており、第3者検査機関で放射性物質含有量の検査を受け基準値にもクリアしています。

野口医学研究所の品質推奨品として認定

カイテキオリゴは、医者や医学研究所もオススメしている商品です。

野口医学研究所は、日本が生んだ世界的医学者 野口英世博士の業績を記念し、日米医学交流の促進を目的に、1985年5月アメリカ政府の認可を受け、フィラデルフィアに設立された米国財団法人です。北の快適工房の長年にわたる腸内環境研究のもとでうまれたカイテキオリゴは野口医学研究所の倫理審査委員会が定める厳格な基準を超えて、消費者の健康保持・増進に貢献する品質推奨品として認定されています。

カイテキオリゴのオリゴ糖

他のオリゴ糖と何が違うの?

一般的に、腸の調子が良い状態とは、腸内の善玉菌である乳酸菌、ビフィズス菌が活性化されている状態を言います。 この調子を保つために乳酸菌、ビフィズス菌の含まれた食品を摂取することが一番良いのですが、腸に届くまでに胃酸や胆汁によって大半が死滅したり、腸に住みつかない場合がほとんどです。そのため外部から摂取するのではなく、元々腸内に棲んでいる乳酸菌、ビフィズス菌を活性化することが、一番効果的といえます。カイテキオリゴに含まれている高純度のオリゴ糖は、ヒトの消化管内に吸収されることなく大腸に到達し、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌のエサになります。善玉菌が増えることで、腸内が善玉菌優位の状態になり、お腹の調子が快適になるのです。

またヒトのお腹の中には、約30種類もの善玉菌であるビフィズス菌がいますが、それぞれ、オリゴ糖によって好みがあります。北の快適工房では、各ビフィズス菌がどのオリゴ糖を好むのかというのを徹底的に調査し、それぞれのビフィズス菌のエサとなり得る最適な難消化性高純度オリゴ糖を選定、独自配合しています。 これにより、ほぼすべてのビフィズス菌や乳酸菌などの腸内善玉菌が効率良く活躍できるので、結果的にスッキリ感を感じることができます。

善玉菌の棲息特徴に注目

善玉菌は種類によって棲息している場所が違います。どんな場所に棲んでいる善玉菌にもしっかりとオリゴ糖が届きやすい様に配合を調整することで、届きにくい場所にもアプローチすることが可能となり、より腸内全体を活発にすることができるようになっています。

スルッと感を実感できる

便が水分を含まず、出口付近で硬い状態のままだとなかなかでてこない・・・と苦しい思いをしてしまいます。また出口付近での量が少ないより、多い方がスルッとでやすくなります。カイテキオリゴは必要な水分を効率よく与える製法にし、「量をかさ増しにする」「柔らかい状態にする」ことでスルッと感を実感できるようになっています。

吸湿しない

一般的に粉末のオリゴ糖は「吸湿性が高い」ものが多いため、シロップ状のオリゴ糖が多く売られています。シロップ状にすると純度が低くなってしまうため、北の快適工房では粉末のオリゴ糖にこだわっています。一般的な環境下に置いておくと水分を吸って溶けてすぐに固まり、使用することができない状態になってしまいます。カイテキオリゴは実感度が高い複数オリゴ糖の配合比と固まらない配合比を見つけ、最後のひとさじまでサラサラで使いやすくなっています。

カイテキオリゴの飲み方

量に決まりはないようですが、付属の計量スプーン1杯(1日5グラム)を目安に、コーヒーやヨーグルトなどに加えて摂取します。

■飲み物に入れる場合
カイテキオリゴは粉末なので、冷たい・温かいに関わらず、コーヒー、お茶、牛乳、ジュースなど、どんな飲み物でも あっという間に溶けるので摂取しやすくなっています。

■料理に使う場合

カイテキオリゴは熱に強く、変質しません。また、味もほんのりと甘いので、料理の味を変えることもありません。 特にヨーグルトなど、「乳酸菌」を含む食品と相性が良いためオススメです。

■他にも…
グレープフルーツにかけて食べることで、独特の苦味を抑え、甘味を引き立てさらに美味しくなります。

カイテキオリゴの最安値情報と特典

カイテキオリゴの口コミ・評判

 

-妊娠中のオススメ便秘商品

Copyright© 妊婦さんの便秘ナビ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.