妊娠中の薬って大丈夫?

産婦人科医から、便秘気味ならと薬をもらいました。(マグミット)

更新日:

処方された薬が便秘に効きすぎました

妊娠前から若干便秘傾向にあったものの、それほど悩むこともなく、薬や体質改善まで取り組むこともなくきました。
数日出ないのは当たり前、1週間に1.2回くらいだったと思います。

それでもそんなに辛くはなく、それが私のリズムかなというくらいに思っていました。
妊娠中も同じ感じでしたが、産婦人科医から、便秘気味ならと薬をもらいました。
マグミットという、便秘には定番の薬で、便に水を含ませ、出しやすくするという薬です。

便秘気味なものの薬に頼ったことがなかったので抵抗はありましたが、服用することにしました。
数日すると効果的面で、緩すぎるとも思える便に変わりました。
薬を使うことにより、私にとっては便秘のことよりも緩すぎることの方が辛くなってしまいました。

薬は止め、食事を見直すことにしました。

毎日バナナと、ヨーグルトを欠かさず食べるようにしました。ヨーグルトは、ダノンやビオを選んでいました。
それだけで、毎日お通じがあり、スッキリできました。
水分を多く取ることも大事と聞き、水分の中でも、コントレックスというミネラルウォーターが便秘には効果があると聞き、試してみました。
バナナ、ヨーグルトも摂取しながらだったので、コントレックス自身がどれほどの効果のある水なのかは分かりませんでした。
ミネラルが豊富に含まれる硬水だそうで、少し独特な味なのでした。
そのままだと飲みにくい場合には、カルピス原液を薄める水として使用し、カルピスを飲んだりしました。
どちらにしても、妊娠中は水分を多く摂取するように医師からも言われていたので、どうせ飲むならコントレックスをお勧めします。
寝起きに1杯飲むのが、効果的だそうです。
あと、納豆も、納豆に含まれる納豆キナーゼが便秘に効果があると聞いたので、毎日ではないですが摂取しました。
妊娠中は、どんどんお腹が大きくなり、お腹が重くなります。
それでなくても動きが鈍り便秘になりやすいので、薬や食事面で少しでもスッキリしたいですよね。
妊婦の皆様 頑張ってください。

-妊娠中の薬って大丈夫?

Copyright© 妊婦さんの便秘ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.