妊娠中のストレス体験談

義理両親とも顔を合わさねばならないことが本当に嫌だった。

更新日:

義理両親にイライラしっぱなし

妊娠初期の頃はいつ流産してもおかしくない頃なので上の子と一緒に思いきり遊べなかった。
夫がいるのは土日なので土日ぐらい上の子と遊びに行ってもらいたかったが、なぜか私も付いて行かなければならず暑い中動き回らされてしんどかった。

義理両親とも顔を合わさねばならないことが本当に嫌だった。

『義理妹は流産しちゃったのよ・・』など私に対しての当て付けと思われる発言も多かった。
本当は先に自分の娘の妊娠を祝ってあげたかったという気持ちが全面に出ていて気分が本当に悪かった。

その時にもつわりで体調が悪いと言ったけれど、上の子と遊ぶことや上の子を預かるという意志は見せてくれずとても悲しかった。
その事を夫に話しても両親に対して何か言ってくれるわけでもなく。
さらにストレスが溜まった。

その後も義理両親と戌の日詣りで会ったけれどやっぱり同じ。
ただ出席するだけ、祈祷に参加するだけで終わり。
会食の会場は探してくれたけど普段から行くような安いところ。
私の方の両親も参加しているのだからもう少し高めの会場でも良いはずなのに・・お会計はもちろん夫。

自分達の内孫のお祝いなのに心からお祝いしてくれていないことがまるわかり

それからは出産してもお宮参りやお食い初め、初節句などのイベント事には参加させないようにと夫に厳しく伝えた。
上の子の誕生日。
切迫早産気味の私が食材を買いに行くことは無理なので夫に任せることにした。

予めレシピを渡し、買ってきてほしいものをリストアップして行かせたのに抜けているものがいくつか。
それに料理もレシピ通りではなく自分流でやるから思った通りの形にはできず。

本当は安静にしていたかったが、上の子の誕生日を無下にすることができず、私が料理を途中から作った。
何から何まで間近で指示しないときちんとできない姿を見て私はイライラしっぱなし。
赤ちゃんにも悪影響と思いながらも私が動かねば先に進まないので本当にイラついた。

-妊娠中のストレス体験談

Copyright© 妊婦さんの便秘ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.